注目キーワード

大橋立てこもり事件・うなぎの黒田屋の犯人は35歳の元従業員!名前や顔画像、犯行動機が解雇説についても!

  • 2020年4月21日
  • 事件
  • 923pv
  • 0件

4月21日午前8時半頃に福岡市南区大橋の「うなぎの黒田屋」で立てこもり事件が発生。

ネット上では立てこもり犯人は元従業員とされており名前や顔画像について注目が。

そこで今回は福岡市南区大橋のうなぎの黒田屋立てこもり事件について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

大橋のうなぎの黒田屋で立てこもり事件!

21日午前8時半ごろ、福岡市南区大橋1丁目のうなぎ料理店「うなぎの黒田屋」の店舗内に「包丁を持った男が入ってきた」との110番通報があった。

男は現在も立てこもっており、店内には未就学の女児2人がいるという。

福岡県警が男の説得を試みている。

県警によると、110番通報をしたのは、女児の父親のうなぎ店の店主とみられる。男と店主は面識があるという。

出典:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

犯人は元従業員で名前や顔画像について!

ネット上ではうなぎの黒田屋で立てこもり事件を起こした犯人について注目が集まっており名前や顔画像について気になるところ。

犯人について調べてみると黒田屋の従業員であり年齢は35歳と報じられています。

黒田屋の元従業員という事で口コミやGoogle情報から調べてみましたが犯人と思われる30代の従業員は写っていませんでした。

犯人は女児2人を含む家族複数人を人質にとっており、店は店舗兼自宅だったようです。

スポンサーリンク

犯行動機は不当解雇?

コロナ自粛が加熱する中で起きた黒田屋の立てこもり事件ですが、犯行動機は何なのか。

ちなみに黒田屋の店主は恨みを買うような人ではないと報じられています。

知人の男性は、「行列ができたりするような店ではありませんが、このあたりでウナギといえばこの店ぐらいしかなく、このあたりでは有名です。お見舞いなどでここのウナギを買っていく人もいます。店長は気さくで、うらみを買うような人ではなく、トラブルも聞いていません。早く解決してほしい」と話していました。

出典:NHK NEWS WEB

しかし、新型コロナウイルスの影響により営業自粛や営業時間の短縮の要請が出されており、人件費を削減せざる負えない状況です。

時期が時期ですし「コロナの影響で不当解雇されたのでは?」といった声も多くありますが、逮捕されないと真相は分かりませんね。

スポンサーリンク

メディアと野次馬殺到でコロナ感染の危険も

立てこもり事件を受けて周辺にはメディアや野次馬が殺到し、コロナ感染を心配する声が。

Twitter情報によると現在も野次馬が殺到しているそうで密状態がコロナに感染するリスクを高くしていますので、マスコミや野次馬は危険です。

また、メディアが警察の待機状況や計画を報じる事で犯人にその情報がテレビを通して伝わっている可能性もありますし説得の邪魔でしかありませんね…