注目キーワード

佐川局長の今現在や息子は?天下り先企業がどこなのかについても!

  • 2020年3月18日
  • 事件
  • 813pv
  • 0件

森友学園問題でお亡くなりになった赤木俊夫さんの遺書が公開され、佐川宣寿元局長に批判が殺到しています。

そんな佐川宣寿元局長の現在の天下り先がどこなのか、息子や家族について注目が。

そこで今回は佐川宣寿元国税庁長官の天下り先や現在、息子や家族についてまとめてみました!

スポンサーリンク

佐川宣寿元局長の現在や天下り先企業はどこ?

森友学園問題の犠牲者・赤木俊夫さんの遺書を週刊文春が公開し「すべては佐川局長の指示だった」と驚きの告白が記載されていました。

ネット上では2018年3月に辞職した佐川元局長の現在の天下り先がどこなのか多くの注目が集まっていますが現時点で公開、スクープなどはされていません。

ちなみに週刊現代は2014年~2018年の財務省官僚政治家の天下り先についての記事を掲載していたようで名だたる大企業の名前が。

引用:週刊現代

ほとんどの役職は顧問や参事であり年収も1億円以上とされているんだとか…

しかも、佐川元局長は部下を自殺に追い込んでいたにも関わらず、退職金で5000万円もらっていますからね…

佐川元局長は森友学園問題に関わった重要人物ですし政治的な支配によって天下り先についての情報が外部に漏れないのかもしれません。

ただ、今回の報道で週刊誌がこぞって佐川氏の天下り先や現在についての情報をスクープする可能性がありますし情報が入り次第追記したいと思いますので今しばらくお待ちください。

スポンサーリンク

家族の存在について!

ネット上では佐川元局長の嫁や息子などの家族について注目が集まっており気になるところ。

佐川元局長の家族について調べてみると森友学園問題が話題になっていた時にある噂をされていた事が分かりました。

過去に掲載された文春記事では2階建ての家に住み、嫁と息子、娘がいたという情報が掲載されていたようですが真相は不明です。

指輪をはめていなかった事から独身という情報もありましたが既婚者だったとしても森友学園問題を機に離婚している可能性が高いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

佐川宣寿のプロフィール

名前:佐川宣寿 (さがわ のぶひさ)

生年月日:1957年11月6日

年齢:62歳

出身地:福島県いわき市

自宅住所:不明

出身高校:都立九段高校卒業

出身大学:東京大学経済学部卒業

職業:財務官僚、第48代国税庁長官

佐川宣寿元長官の経歴がこちら。

1982年4月 : 大蔵省入省(主計局総務課)
1987年7月 : 高山税務署長
1988年7月 : 銀行局総務課課長補佐
1990年6月 : 日本貿易振興会コペンハーゲン事務所長
1993年7月 : 主計局調査課課長補佐
1994年7月 : 主計局主計官補佐(通産第一、二係主査)
1996年7月 : 銀行局中小金融課課長補佐
1997年6月 : 銀行局総務課課長補佐
1998年7月 : 近畿財務局理財部長
1999年7月 : 大臣官房文書課広報室長
2000年7月 : 大臣官房秘書課首席監察官兼大臣官房秘書課人事企画室長
2001年4月 : 財務大臣秘書官事務取扱
2003年9月 : 主計局調査課長
2004年7月 : 主計局主計官(外務、経済協力、経済産業係担当)
2005年7月 : 主税局税制第三課長
2006年7月 : 主税局税制第二課長
2008年7月 : 主税局総務課長
2013年6月 : 大阪国税局長
2014年7月 : 国税庁次長
2015年7月 : 関税局長
2016年6月 : 理財局長
2017年7月 : 国税庁長官
2018年3月 : 辞職

引用:Wikipedia